大阪で『債務整理』に強い弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理@大阪

「個人再生」に関するお役立ち情報

個人再生をするのに必要な費用

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年9月16日

1 弁護士報酬

個人再生を行うにあたり、依頼する弁護士に弁護士報酬を支払う必要があります。

法律相談料、着手金、成功報酬など、様々な報酬があります。

⑴ 法律相談料

弁護士へ法律相談をする際に発生する費用となります。

当法人では、債務整理のご相談は、原則無料です。

⑵ 着手金

弁護士の着手金は30万~50万円になることが多いです。

事務所によっては、成功報酬を請求する場合もありますので、着手金と成功報酬の合計額を確認することも重要です。

当法人では、原則として着手金を27万5000円~(税込)と定めております。

借入先の数・金額や住宅ローンの有無等によって、金額は変動します。

⑶ 成功報酬

裁判所から再生計画認可決定を受けることができた場合、発生する成功報酬を定めている事務所も存在します。

なお、当法人では、成功報酬は基本的に0円です。

2 裁判所に申し立てをする上で必要な費用

裁判所に、個人再生の申立てを行う際に発生する費用もいくつかあります。

⑴ 印紙代

裁判所に個人再生の申立書を送付する際に、一律1万円の印紙が必要です。

⑵ 郵券

借入先の数や管轄の裁判所によって異なりますが、1000円以上は必要です。

⑶ 予納金

予納金とは、裁判の手続きを開始する上で必要となる費用です。

大阪地方裁判所の場合、1万1928円必要です。

ただし、再生委員が必要とみなされた場合、20~30万円程度必要になります。

3 申立後の返済

個人再生は、再生手続き後に原則3年かけて返済を行います。

今後ご自身で返済を行っていく原資を確保することも必要です。

毎月の返済額については、相談時に弁護士から詳しいご説明をさせていただきます。

4 まずはご相談を

1~3以外にも、借入先との書面のやり取りのコピー代、郵便切手等その他にかかる経費もあります。

大阪周辺で、個人再生についてお考えの方は、ぜひ当法人へご相談ください。

費用を含め、弁護士より詳細なご説明をさせていただきます。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ